1. 幼児英語のソフィー
  2. 検索結果:“予防方法”

東京・杉並区(荻窪、三鷹、吉祥寺)の幼児・子ども向けの英語教育・英会話教室:ソフィー・インターナショナル・プリスクールでタグ“予防方法”が指定されているエントリー

【重要】 ノロウィルスについて

最近、テレビでノロウィルス感染が拡大しているという話題を耳にするようになりました。
ご家庭でも、予防対策をされていることと思いますが、お預かりしている大切なお子様を感染させない為に、Sophieでも以下の対策を徹底してまいりますので、親御様もご協力いただきますよう、よろしくお願い致します。


【ノロウィルスの3大症状について】

☆発熱(初期症状で微熱が大半)
☆嘔吐・下痢症状
☆腹痛(刺すような痛み)

熱は38度以下の微熱であるケースが大半ですが、熱の発症とともにチクチクとした腹痛症状が徐々に始ります。
このチクチクする痛みは、定期的に訪れるので、乳幼児・子供の場合はその都度、「お腹が痛いよ~」と泣いてしまうかもしれませんが過度な心配は必要ありません。
ただし、体力のない乳幼児は、「絶対安静」が必要となります。

【ノロウィルスの治療法・治療期間にするべきこと】

ノロウイルス感染症は、ウイルス性疾患ですが、現在のところノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤はない為、有効な予防接種などもなく、感染症の治療に関しては「自然治癒力」による回復を積極的に考えて安静第一の治療を行うことになります。

1.治療の基本は、何よりも安静にすごすこと。発症時は発熱を伴い、寒気やふるえを感じることもあるので暖かい服装を心がけてください。

2.下痢による脱水症状を避けるために水分の補給を積極的に行ってください。
赤ちゃんや乳幼児、幼児の場合は、☆湯さまし ☆お茶 ☆イオン飲料 などを少しずつ、回数を多めに摂取させるように心がけてください。(胃腸に負担をかけない飲み物であれば大丈夫です)


【ノロウイルスの潜伏期間・二次感染期間について】

ノロウイルスの潜伏期間は、一般的に1日~2日程度です。
感染後に発熱や嘔吐下痢などを症状を発症し、2~3日経過すると、症状は回復に向かいはじめます。
体内のウイルスは次第に感染力も弱くなり通常は発症後1週間程度で他人へウイルスを撒き散らすようなことはなくなります。

ノロウイルスは全て経口感染(口からの感染)であり感染者の糞便や嘔吐物などに触れたり、空気中を漂よっているウイルスなどを口から吸い込む飛沫感染によって感染します。

その為、赤ちゃんが下痢症状を発症している場合などおむつ交換を行う際には、ビニール手袋の着用や、おむつの交換処理後には徹底した手の消毒を行い自分がウイルスの感染源とならないような予防対策を行うことが大切です。

以上のことから、お子様の状態がいつもと違う場合、(熱っぽい、お腹がゆるい、腹痛を訴えるなど)は、必ず担当の先生へご連絡ください。
ご連絡のない状態で登園し、もし園内で悪化した場合、他のお子様や先生にも感染してしまうこととなります。(感染者が多い場合、休園もやむをえなくなる場合があります)
また、小さいお子様は、どうしても咳やくしゃみをカバーする(手で口を押さえるなどの)ことができませんので、上記の症状がなくても咳がでる・鼻水がでるなどの場合、必ず「マスク」をさせていただきますようお願いいたします。

また、もしノロウィルスに掛かってしまった場合は、速やかに園にもご連絡をお願い致します。

お子様の症状・登園に関して不安になった場合は、すぐに掛かりつけのお医者さまにご相談ください。


 お母さまは、毎日の家事で食器や食材に触れる機会が多いため、自らがウイルスをうつしてしまう「感染源」にならないようにご注意頂きたいと思います。

親御様のご理解・ご協力をお願い致します(^-^)

☆冬のかぜ予防と対応について☆

1月に入り、アメリカでの寒波が日本にも流れてきているようで、本当に寒いですね。
ここ数年で最も強い「寒波」だそうです!!(@-@)

そうなると、やはり風邪の流行が気になってきますね。

Sophieでも年末あたりから、お鼻かぜやせきをするお友達が増えています。
これから3月あたりまでは、インフルエンザも流行してきますので、園でもご家庭でもしっかりかぜ予防の対策をしていきたいですね!
かぜの予防法を日常的に心がけることは、かぜをこじらせないためにも重要です(^-^)

みなさんご存知かと思いますが、基本的な対処方法として、ご自宅でも実践できるものを以下のようにまとめてみましたので、参考になさってください。

☆発熱、鼻水、せき、下痢、嘔吐など、家庭でできる症状別対処法☆

☆せき

縦に抱いたり、枕などを背中に当てて上体を起こして寝かせる。寝返りのできる年齢なら、うつぶせも楽な姿勢。冷たいもの、ミカン類、ジュース類は治るまでやめましょう。

☆発熱

(体温を調節する) 
熱が出て震えが起こっているようなときは、布団を掛けて体を温め、熱が上がりきったら熱がこもらないように布団などは掛けず、薄着を心掛ける。汗をかいたら着替えを。

(水分を補給する)
熱が出ると食欲もなくなる場合が多く、食事から摂る水分も不足がち。熱によって体の水分も蒸発するため、脱水症状を起こさないよう、こまめに水分補給を。

(解熱剤を使う場合)
38.5℃以上の熱があって苦しそうなときに使用。必ず子ども用を。
熱があっても元気なときは使わなくてもよい。熱を下げるには太い血管が走っている腋の下や足のつけ根などを冷やすのも効果的。
氷水をビニール袋に入れ、タオルでくるんだものを使用。

☆鼻水

まだ鼻のかめない子どもの場合、鼻水を吸引してあげます。ただし、粘膜を傷つけることがあるのでやり過ぎないこと。鼻水が長く続き、ドロッとしていて色がついているようなら耳鼻科へ。
のどや胸、背中などに塗るタイプの薬を使用するとスーッとして鼻づまりなどの症状がやわらいで楽になる。

☆嘔吐

吐いたものをのどに詰まらせないよう、顔を横向きにさせるかうつぶせの姿勢に。水分補給を心掛け、食べ物は消化のよいものを。

☆下痢

下痢が続くとお尻が荒れやすいので、シャワーなどできれいにする。食事は脂っこいもの、味の濃いもの、甘いものを避けること。暖かい、消化のよいものを与えて下さい。


☆かぜを予防するための生活面でのアドバイス☆

1) 人の大勢いる場所はできるだけ避ける。
電車やバス、ショッピングセンターなどたくさんの人でにぎわう場所は、そこにたくさん存在する菌やウィルスをもらってしまう可能性が高いので、出かける頻度を減らしたり、予防のために子供用のマスクなどをさせるといいですね(^-^)

2) 外出時の服装にも気をつける
外がどんなに寒くても、元気に動き回る子どもは衣類の下に汗をかきやすいものです。肌に触れるものは汗を吸う素材にして、外気にあわせて調節できるように脱ぎ着がしやすいものを何枚も重ねることをおすすめします。
また、「首」が付くところを温めると、血液の循環がよくなり体が温めるのに効果的だそうです。寒い日には、首にはマフラー、手には手袋、足には靴下で、「首」、「手首」、「足首」を温めてみてください。

3) 帰宅したら、子どもにはすぐに「うがい」と「手洗い」を徹底させる
乾燥しているこの季節、うがいでのどにしめり気を与えることは、病原菌が繁殖するのを抑えてくれるそうです。うがい薬や塩水など特別なものを用意しなくても大丈夫です。

4) 具合の良くない時こそママのぬくもりが必要です!
朝、あまり調子の良くない状態で登園し、急に具合が悪くなってお迎えに来てもらうといった状況もあります。そんな時、子どもたちの側で感じることは、「苦しい時こそ、ママの温かさが必要」ということです。疲れやストレスが体調不良として現れているような時は、ママがそばについて安心させてゆっくりと休ませてあげてください。
私も、ママが恋しくて泣き止まない子によくやるのですが、話をしながら背中やおなかなどをやさしくさすったり、トントンと軽くたたいてあげるだけでだいぶ落ち着いてくれます。

ママのぬくもりは、何よりのかぜ薬(^-^) 日ごろのケアとあわせて、おすすめしたいです。


タグクラウド

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「予防方法」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得